2009年05月24日

珍貝を食す!

こんばんは!

今回は、先日、仲間内で反省会(何の?)を行ったお店で
出会った珍貝についてです。

今回のお店は、京橋にある 

漁師直営『一心丸』 

豊後水道に浮かぶ愛媛県の日振島を拠点に活躍する漁師から
直送される新鮮な魚介類が食べられます。
絶品料理の数々・・・ランチもやっているようなので、
行ってみておいしいお魚に出会ってください。

スタートした時間が遅くて、鯛めしを食べ損ねてしまったのが
心残りですバッド(下向き矢印)

さて、そんな一心丸さんで出会った珍貝というのは、これ・・・

kamenote2.jpg

何でしょう?
その名も『カメノテ』 

見たまんまのネーミング(笑)
磯場の岩にへばりついているやつです。
小さい頃よく見たやつで、まさか食べものとは思いませんでした。

kamenote1.jpg

どうやって食べるかというと・・・
根元のほうの殻を割って、身を食べるのです。

味はというと・・・
磯の香りがして、歯ごたえもそこそこあり、美味しいのですexclamation×2
だまされたと思って食べてみてください。
枝豆と同じでつまみ感覚でサクサクいけちゃいますぴかぴか(新しい)
ご賞味あれ!!


食べられた皆さんの感想をお聞かせください!
posted by うめきち at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | たべもの系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっと、うめちゃん。ひさしぶりにブログ見たら見慣れた貝がいるじゃない!!
「亀の手」と言われるその貝は、スペインでは「ぺルセベス」と言います。ガリシア地方で採れる大きなものは値段も高いがバカウマだよ。
日本でも九州や四国では採れるし、食べるみたいだね。
Posted by りょう at 2009年06月08日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120085192

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。