2009年05月29日

そば処 ひ乃き

こんばんは夜
今日で今回のみなかみシリーズ最終章です。

わたしはお蕎麦好きなんです。
っていうことで行ってみました。

そば処 ひ乃き

IMGP2542.JPG

最高級の国産そばを石臼で挽き、
谷川岳からそそぐ天然水で打ち上げて丁寧に細切りしているお蕎麦。
コシが強くて喉越しの良い、店主こだわりのお蕎麦です。

ざるは、そばの香りをご賞味いただくため、
のりはつけないそうです。

そんなお店は、故 橋本龍太郎首相もプライベートで
ごひいきにされていたとか・・・

そして私が食べたのはこれ↓

IMGP2541.JPG
とろろ山菜

評判通り、コシが強くて喉越しの良く
ツルツル何杯でもいけちゃいそうでした。おいしかったですよ。

近くにいったら、立ち寄りたい店リスト入りです。

関越道の水上ICより10分くらいの立地だから
皆さんもお近くに行った時はどうぞ立ち寄ってみてください。
posted by うめきち at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

ラフティング 〜激流からの生還〜

こんにちは晴れ
今日も遅ればせながら、ブログアップしますあせあせ(飛び散る汗)

みなさん、『ラフティング』ご存じですか?
って、知ってますよね。。。

Wikipediaさんからの一部転載ですが、
『北海道では鵡川(占冠)沙流川(日高)が激流とされ、尻別川(ニセコ)空知川(南富良野)も春の時期は激しいラフティングが楽しめる。関東では埼玉県の荒川や群馬県の利根川、中部では岐阜県の長良川や静岡県の富士川、関西では京都府の保津川や徳島県の吉野川、九州では熊本県の球磨川などがアクセスがよく、激流を楽しめるということで人気がある。』

ってことで、群馬県はみなかみ町を流れる利根川でラフティングやってきました。
今回お世話になったところは、『アンクルベアー』さんです。

平日ってすいてますねぴかぴか(新しい)
ラフティングボートにはガイドのMiyukiさんと我々3人 計4人のみ
目一杯ラフティング味わいました。

ラフティングは夏のスポーツというイメージがありますが、
ここみなかみでは、水量の多い5〜6月頃が一番スリリングに楽しめるそうです。
さらにすいていれば、距離も乗れるらしい。お得…exclamation×2

ガイドのMiyukiさんのレクチャーいただいて
明らかに荒れてみえる利根川にしりごみしながらGOexclamation×2

荒れているはずです・・・

IMG_0209.JPG

雪解け水を蓄えた奥利根ダムから、水を待つ田畑に向けて放流です!
なので、この時期は水量も多く、スリリングなラフティングが
楽しめるみたいです。
本当は水量が多くて危険?なので中止するところだったらしい・・・

でも・・・いざ、出発exclamation 気持ちいいっexclamation×2

IMG_0210.JPG

透明度あるコークボトルグリーンの水。
新緑に山藤の鮮やかなパープル・・・
そんな周りを楽しむ余裕は・・・みじんもなかった。。。

目の前には岩がゴツゴツとあらわになり、その岩の影響で
三角波や渦巻きはあちらこちらに・・・

IMG_0188.JPG

IMGP2535.JPG

途中、パドルを飲まれたり、藪に突っ込んだり、
落差5Mくらいのダム(堰)を落ちたり、
追い風でコントロールが難しくなったりで・・・大変でしたあせあせ(飛び散る汗)

でもね、とても楽しかったですよ。
みなかみ〜沼田のトラックターミナルまで
こんなに長い時間・距離できたのも珍しいって、お得でした。

6月位までは水量の多い時期のようなので、
一度TRYしてみてくださいexclamation×2


みなかみといえば、私の中ではスキーと温泉っていう限定したイメージでしたが、
春夏秋冬いつでも楽しめるところなんだとイメージ一新しましたぁ。

また行こうっと晴れ


posted by うめきち at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

珍貝を食す!

こんばんは!

今回は、先日、仲間内で反省会(何の?)を行ったお店で
出会った珍貝についてです。

今回のお店は、京橋にある 

漁師直営『一心丸』 

豊後水道に浮かぶ愛媛県の日振島を拠点に活躍する漁師から
直送される新鮮な魚介類が食べられます。
絶品料理の数々・・・ランチもやっているようなので、
行ってみておいしいお魚に出会ってください。

スタートした時間が遅くて、鯛めしを食べ損ねてしまったのが
心残りですバッド(下向き矢印)

さて、そんな一心丸さんで出会った珍貝というのは、これ・・・

kamenote2.jpg

何でしょう?
その名も『カメノテ』 

見たまんまのネーミング(笑)
磯場の岩にへばりついているやつです。
小さい頃よく見たやつで、まさか食べものとは思いませんでした。

kamenote1.jpg

どうやって食べるかというと・・・
根元のほうの殻を割って、身を食べるのです。

味はというと・・・
磯の香りがして、歯ごたえもそこそこあり、美味しいのですexclamation×2
だまされたと思って食べてみてください。
枝豆と同じでつまみ感覚でサクサクいけちゃいますぴかぴか(新しい)
ご賞味あれ!!


食べられた皆さんの感想をお聞かせください!
posted by うめきち at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | たべもの系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

秘境で山菜!?

どうも。
新緑が目に映え、気持のよい季節になりましたるんるん

今回のお出かけは・・・
32240472_2237746767[1].jpg
『利根川の源流、周囲の山にはまだ雪の残る
矢木沢ダムのダム湖にボートをだして、さらに奥に踏み込んだところへ
山菜を採り、その場で天ぷらにして食べようツアー』です。


宿泊先のペンションオーナーさんのボートと
インフレータブルボート
ジョイクラフト JES336+9,8ps
32240472_2111521111[1].jpg

今回はこのボート2艇で、ダムの上流に向うとそこは徒歩では入れない
手つかずの大自然へとむかいました。

ボートを岸に着け上陸し、いよいよ山菜採り開始です。
タラの芽・コゴミなどもとりましたが、
一番の狙いは『コシアブラ』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9

もちろんたくさん採れましたよ!
32240472_1279668425[1].jpg

採れたてのコシアブラをその場で天ぷらにして、
さらにうどんも茹でて、コシアブラの天ぷらうどんが完成exclamation×2

32240472_415449350[1].jpg

32240472_3071590249s[1].jpg

IMGP2495.JPG

調理に使用した水は、すべて源流の水を使いました。
食材も水もすべて大自然の恵み。
おいしくないわけがないexclamation×2
大自然に囲まれながらの食事は最高においしかったです。

posted by うめきち at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

タケノコ狩り&BBQ(後編)

時間あいてしまいましたね・・・たらーっ(汗)
でも、気にせず、後編行きます。。。

大量のタケノコを手にした20人御一行様は、
途中、トラックの荷台に乗り、迫りくる木々を避けながら
次なる目的地、BBQへ向かうのであった。
IMGP2451.JPG

雨天であることが前日からわかっていたので、
BBQの場所に選んだ目的地はココ↓

南伊豆ランドホピアのBBQコーナーhttp://www.hopia.co.jp/resort/villa/nbarbecue.html

ここで雨でも心おきなく楽しむことができました。

BBQの食材は、もちろんタケノコ。
IMGP2456.JPG

IMGP2463.JPG

IMGP2457.JPG

料理の写真はありませんが、焼タケノコをはじめ、
タケノコごはん、チンジャオロース、筑前煮、タケノコのヌタ和え、
鶏肉とタケノコのマスタード炒め、タケノコの梅肉和え、
タケノコの汁物、タケノコの素揚げ、タケノコと鰺のマリネ…etc

タケノコ以外では、こんなものも…
IMGP2455.JPG
東京湾でとれた天然の大あさり

羽田沖に現れる浅瀬で、船でしか行けないところに行って
こちらも大漁だったそうです。とてもおいしかったですよ!

お肉中心のBBQとは一味違った雰囲気のBBQで、
とても楽しかったですよ。女性陣のみなさんご苦労様でした揺れるハート

BBQが終わったのが19時頃。
そこから温泉に行くことになりました。
これがまた、情緒ある旅館の立ち寄り湯に行きました。

千人風呂 金谷旅館
http://homepage2.nifty.com/kanaya/

下田の河内温泉で自家源泉掛け流し
そして、日本一の総檜大浴場『千人風呂』はなんと混浴。
普段は男性用ですが、女性も利用可能なんです。
深さも1メートルあるところもあり、泳げます(笑)
今度は泊まりで行ってみたいです。

そんなこんなで、温泉から上がり、帰路に就いたのは22時過ぎ。
1時過ぎにようやく自宅に帰りつきました。

長い長い1日でしたが、十分すぎるくらい有意義に過ごせた
1日となり、思い出に残るゴールデンウィークになりました。

posted by うめきち at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

タケノコ狩り&BBQ(前編)

連休も終わってしまいましたね・・・残念です。
明日から会社かぁと思うととても憂鬱です^^;

今年の連休のメインイベント、タケノコ狩り&BBQ In 下田
昨日行ってきました。

渋滞が予想される中、伊豆は下田まで日帰り。
朝7時に京葉線新木場駅ロータリーに集合、遅刻者なく無事出発。
途中、東名の足柄SAで休憩を入れ、沼津まで行き、
中伊豆ルート組、西伊豆ルート組、その他組(?)に分かれ
目指すはこちら。

一条たけのこ村 http://www.minami-izu.net/takenoko/

IMGP2438.JPG

5月5日はたけのこ狩り最終日。
いつもの竹林ではもうたけのこは竹となってしまい、車で10分、
山道をゆられてついたポイントは・・・
崖を降りて小さな沢を越えた、山肌に展開されてる竹林。
この竹林にはまだまだタケノコがあるという話。

勇んで崖を降り沢を越えたところにおじさんが・・・
『ホレ、これ食ってみろ!』って自然に石窯のようになった岩の室を
利用して、丸ごと皮ごと火の中に放り込んだタケノコに
醤油をたらした焼タケノコを出してくれました。

IMGP2439.JPG

生のタケノコを下処理せずに焼いてもエグ味などなく、
ホクホクしていて柔らかくとても甘みがあり、おいしく頂きました。

腹ごしらえも終わり、さっそく堀り堀り隊出動!!
朝から結構人が入った割にはまだまだありました。

IMGP2443.JPG

タケノコの周りを優しく掘り下げてあげ、親竹(?)のほうから
根っこをざっくりと鉈を振り下ろすと、あら簡単。
総勢20人で、採取したたけのこはなんと…約40本、大漁でした(笑)


長くなってしまうので、この続きは後編で…
それではまた。
posted by うめきち at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

バリ島東部へ

昨年のちょうどGWにガルーダ・インドネシアに乗って
バリ島のあまりなじみのない東部の
チャンディ・ダサというところに滞在しました!

何があるの? 何もありません???


東部のどの辺にあるの?
http://www.baliheat.com/home/news_info/area/candidasa/

どんなホテルがあるの?
http://www.trips.com.sg/tour/indonesia/bali12.html

そして僕が滞在したのは…
IMGP1829.JPG
アマンキラ…ではなくて、

チャンディ・ビーチ・コテージに滞在しました。
写真は…いい写真がなかったので、この写真で勘弁して^^;
IMGP1814.JPG

到着した日は近く(?)のレストランに連れて行ってもらって、
ご飯を食べて終わり!

翌日から行動開始!
ということでこの先は次回に!
posted by うめきち at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島(インドネシア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。